トップ  >  第2回会合(2010年1月9日) - 思想・哲学研究会 誕生

思想・哲学研究会 誕生

何だか楽しそう。そんな理由から始めることとなった思想・哲学研究会。

実際に難解本といわれる思想書を読み始めてみると、実際に面白く、また深遠であると感じます。 知の巨人たちが残した思想・哲学は、人間や社会に対し、私たちが日常的に認識している認識とはまったく違った視点を 提供してくれます。そう、イメージしにくい、具体化しにくいからこそ、難解なのです。

現代社会に溢れかえる「わかりやすい」「思考停止的」な情報とは一線を画した、知の巨人たちの思考の渦がそこにはあります。 それらに触れるだけでも、「わかりやすい」情報に慣れている私たちには非常に新鮮で、難解な概念をどうにか理解しようと試みる プロセスは、非常に充実しており、学び、成長していることを実感できるものでした。

同時に、私たち、中小企業診断士が持ち合わせているビジネスに対する知見と重ね合わせることで、これまでにない思考やアイディアが 生まれるのではないかと強く感じました。思想・哲学が提供する、深遠な概念や方法を、ビジネスに応用することはできないか。 ビジネスと思想・哲学。従来の枠組みからは出会うことがない2つの知の体系が、偶然にも遭遇することで、 まったく新しい価値を生み出せるのではないか。そんな思いが私たちの間に込み上げてきたのです。 「本格的に取り組んでみたい、取り組めそうだ」。この稀有な学びの場を、より充溢の空間とするために、思想・哲学研究会に任意団体 以上のシニフィアンを与えたい。そうすることが、新たな実体を創り上げる。中小企業診断士が集まって始めた会である以上、選択肢はひとつ。 中小企業診断協会の公式研究会への登録。こうして、異色な研究会が誕生することとなったのです。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:30 平均点:4.00
前
第3,4回会合(2010年2月13日,3月28日)- ラカンを横切る
カテゴリートップ
研究内容
次
第1回会合(2009年12月19日) - 思想・哲学研究会 誕生前夜