トップ  >  第5回会合(2010年4月25日) - ミシェル・フーコーの会

第5回会合 ミシェル・フーコーの会

第5回はミシェル・フーコーを取り上げます。

フーコー入門 (ちくま新書)
中山 元
筑摩書房
売り上げランキング: 56835

上記の書籍によれば、フーコーは「知の考古学」「エピステーメー」「エノンセ」などのオリジナルな概念を通して、 現在を「診断」しようと試みた思想家と位置づけられます。膨大なテクストを精緻に読み込む非常に誠実な思想家という印象とともに、 事実を丁寧に積み上げ鋭い視点で分析するその方法が、私たちが目指すビジネスへの応用という目的に適う可能性が高いという点で、 注目の知の巨人と言えるでしょう。 今回は、フーコーの原著(邦訳)を読み通した当研究会幹事からのフーコー導入ともいえるプレゼンテーション。フーコーの雰囲気が伝わってきます。

テーマ:ミシェル・フーコー
プレゼンター:菊入祐介 幹事
場所:(社)中小企業診断協会 東京支部 中央支会事務所
時間:10:00〜12:00
参加者:9名
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:73 平均点:3.42
前
第6回会合(2010年5月30日) - 孔子
カテゴリートップ
研究内容
次
第3,4回会合(2010年2月13日,3月28日)- ラカンを横切る